原田 教正 写真展 『まばたき』

まばたきギャラリーでは本日より8月3日(金)まで、原田教正さんの写真展『まばたき』を開催しています。

「あたりまえに、すぎてゆく日々。
 あたりまえに、かわってゆく心。
 あたりまえに、わすれられる記憶。
 いつのまにか、私たちは、からっぽになっていた。

 だからぼくらは、ちょっと特別なまばたきをする。
 風を感じ、光を感じ、音を感じて、
 そっと、だけど強く、ゆっくりと、まばたきをする。
 その一瞬をとどめるための、魔法みたいに。」

原田さんは武蔵野美術大学で美術を学ぶ学生さんです。が、写真を専攻しているわけではありません。
写真を自身の重要な表現方法と位置づけていながら、敢えて写真以外の美術分野を専攻するところに、むしろ彼の写真に対するコダワリを感じずにはいられません。
この5月に鎌倉のカフェギャラリーで初個展を開催し、直後に永福町のカフェギャラリーで巡回展を終えたばかり。そして間髪入れずに今回のこの個展ということで、大変精力的に活動しています。

透明でナイーブな、原田さんの写真の世界をお楽しみください。

会期中、7月28日(土)と29日(日)は17時で閉廊となりますのでご注意くださいませ。
(なお、正式な会期は8月3日までとなりますが、これは原田さんが東京を離れて在廊できなくなるためで、写真は5日の日曜までそのまま展示してあります。)